Books

Books

リチャード・ローティ『偶然性・アイロニー・連帯』(1989年)

概説 『偶然性・アイロニー・連帯(Contingency, Irony, and Solidarity)』は、アメリカ合衆国の哲学者、リチャード・ローティの本。ローティがユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(1986年)とケンブリッ...
Books

デイヴィッド・リンゼイ『アルクトゥールスへの旅』(1920年)

概説 『アルクトゥールスへの旅(A Voyage to Arcturus)』は、スコットランド系イギリス人の作家のデイヴィッド・リンゼイによる哲学的なSF小説。初版は1920年にイギリスの出版社メシューエンから出版された。 二...
Books

谷崎潤一郎『吉野葛』(1931年)

1886年東京生まれの日本の小説家、谷崎潤一郎(1886–1965)は、1910年代(明治末期から大正初期)に、短編小説『刺青』(1910年)に代表されるような、マゾヒズムや魔性の女などのスキャンダラスな題材を扱ったモダンで耽美的な小説群...
Books

J・G・バラード『クラッシュ』(1973年)

イギリスの小説家、J・G・バラードの『クラッシュ(Crash)』(1973年)は、精神医学的には災害性愛(シンフォロフィリア)の一種に分類される、自動車の衝突事故に対する性的なフェティシズムを題材として扱い、論議を呼んだ小説である。 ...
Books

カンタン・メイヤスー『有限性の後で: 偶然性の必然性についての試論』(2006年)

『有限性の後で: 偶然性の必然性についての試論(Après la finitude. Essai sur la nécessité de la contingence)』は、フランスの哲学者、カンタン・メイヤスー(Quentin Meil...
Books

デイヴィッド・ドイッチュ『実在の織物: 並行宇宙の科学とその含意』(1997年)

『実在の織物: 並行宇宙の科学とその含意(The Fabric of Reality: The Science of Parallel Universes – and Its Implications)』は、量子コンピュータの研究で知られ...
Books

トマス・ホッブズ『リヴァイアサン、あるいは教会的及び市民的なコモンウェルスの素材、形体、及び権力』(1651年)

王権神授説を否定して社会契約説による国家の理論を樹立した、近代政治哲学の古典。 「万人の万人に対する戦い」という言葉が有名だが、戦争を例外状況ではなく基本的な状態と捉えるホッブズの思想は、ピエール・クラストルの政治人類学やドゥルーズ...
Books

ジル・ドゥルーズ『ニーチェと哲学』(1962年)

『ニーチェと哲学(Nietzsche et la philosophie)』は、フランスの哲学者、ジル・ドゥルーズの本。1962年にフランス大学出版局から出版された。 ドゥルーズが独自の理論的な視点からニーチェのテクストを解釈し体系...
Books

ローレンス・スターン『紳士トリストラム・シャンディ氏の生涯と意見』(1759–1767年)

ラブレー『ガルガンチュワとパンタグリュエル』(1532年?–1564年?)もセルバンテス『ドン・キホーテ』(1605年、1615年)も面白かったが本作も非常に面白く読んだ。 イングランド北部ヨークシャー地方のジェントリ(地主階級)で...
Books

ヨブ記

『ヨブ記』は、ヘブライ語聖書(キリスト教の旧約聖書)の中でも広く読まれていて文学作品としての評価も高い一篇。一般的には紀元前六世紀頃にイスラエルで書かれたと推測されているが、作者と成立時期は未詳。 散文で書かれた二つのパート(序曲と...