言語切替

アイヴズ: 交響曲「ニューイングランドの祝日」(ホリデイズ・シンフォニー) / 答えのない質問 / 宵闇のセントラル・パーク(Thomas, 1986)

多調、無調、ポリリズム、微分音などの実験的な要素と民謡、讃美歌などの伝統的な要素を含む音楽で知られるアメリカ合衆国の作曲家、チャールズ・アイヴズ(1874–1954)の管弦楽曲3曲を収録したアルバム。

交響曲『ニューイングランドの祝日』、別名『祝日交響曲(ホリデイズ・シンフォニー)』は、1897年から1913年にかけて別々に作曲された4つの管弦楽曲を1つに組み合わせたもので、引用と不協和音を多用した、印象主義的な音詩(tone poem)の連作のような作品。

アイヴズが19世紀末にコネチカット州ダンベリーで過ごした幼少期の記憶にインスパイアされたもので、行進曲や賛美歌、愛国歌などの引用を含んでいる。

「ワシントンの誕生日」、「戦没将兵記念日」、「独立記念日(7月4日)」、「感謝祭と先祖の日」の4楽章からなる。

第3楽章「独立記念日(7月4日)」は、各パートによる別々の曲の演奏が重なり合い、混沌とした音のコラージュを構成している。

多調と無調を用いた、当時としては革新的な管弦楽曲2曲、室内オーケストラのための『宵闇のセントラル・パーク』(1906年)と室内アンサンブルのための『答えのない質問』(1908年。1930–1935年改訂)も収録。

マイケル・ティルソン・トーマス指揮、シカゴ交響楽団・シカゴ交響合唱団演奏。

1986年のデジタル録音。1988年にCBSマスターワークス・レコーズから発売。

Ives: "The Unanswered Question"