言語切替

赤い靴(1948年)

『赤い靴(The Red Shoes)』は、マイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガーが監督・脚本・製作を担当した1948年のイギリスのドラマ映画。ハンス・クリスチャン・アンデルセンの同名の童話(1845年)を下敷きとして、バレエと恋愛の板挟みで苦悩する一人のバレリーナを描いている。133分。

主演のスコットランドのバレエダンサー・女優のモイラ・シアラーは本作が映画初出演。

オーストラリアのバレエダンサー・俳優・舞台演出家・振付家のロバート・ヘルプマンとロシアの振付家・バレエダンサーのレオニード・マシーンが本作の振付を担当し、劇中で踊りも披露している。

フランスのバレエダンサー・女優のリュドミラ・チェリーナが脇役の一人として出演している。

モンテカルロを拠点とする世界的に有名なバレエ団、レールモントフ・バレエ団のロンドン公演中に、団長のボリス・レールモントフ(アントン・ウォルブルック)は二人の若い逸材、作曲家志望のジュリアン・クラスター(マリウス・ゴーリング)と無名のダンサー、ヴィクトリア(ヴィッキー)・ペイジ(モイラ・シアラー)を発見する。

レールモントフはジュリアンをバレエ団のオーケストラのコレペティートル(伴奏ピアニスト・コーチ)兼指揮者補佐として、ヴィッキーをダンサーとして雇う。

『白鳥の湖』の主役を見事に演じたヴィッキーを見て、レールモントフはヴィッキーの将来性を確信する。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話が原作の新作バレエ『赤い靴のバレエ』の制作にあたり、レールモントフはヴィッキーを主役に、ジュリアンを作曲担当に抜擢する。

モンテカルロでの『赤い靴のバレエ』の公演は大成功に終わる。ヴィッキーを偉大なプリマバレリーナに育てようとするレールモントフは、ヴィッキーを、『風変わりな店』、『コッペリア』、『レ・シルフィード』などのバレエ団のレパートリーの主役に起用する。

ヴィッキーとジュリアンは互いに愛し合うようになるが、二人が恋愛にかまけて仕事に集中しないことが気に入らないレールモントフは、二人を別れさせようとする。

レールモントフはジュリアンを解雇する。ヴィッキーもレールモントフ・バレエ団を去り、ジュリアンと結婚する。しかし、踊れない生活に不満を抱いたヴィッキーは、レールモントフ・バレエ団で再び『赤い靴のバレエ』を踊ることを決意する。

本作は、当時のバレエ芸術と先端的な映画技術を融合させた、バレエ映画の傑作である。テクニカラーによる映像が色鮮やかで美しい。技巧を凝らした幻想的な『赤い靴のバレエ』の舞踏劇のシークエンス(17分)が見どころ。

ボリス・レールモントフの人物造形は、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)を創設したプロデューサー(インプレサリオ)のセルゲイ・ディアギレフを部分的にモデルにしている。

マーティン・スコセッシの指揮の元で本作の4Kデジタル修復版が制作され、2009年のカンヌ国際映画祭にて世界初上映された。

『赤い靴:デジタルリマスター・エディション』予告編