言語切替

Miles Davis: Nefertiti (1968)

ネフェルティティ(Nefertiti)』は、アメリカ合衆国のジャズ・ミュージシャン、トランペット奏者のマイルス・デイヴィス(trumpet)がウェイン・ショーター(tenor saxophone)、ハービー・ハンコック(piano)、ロン・カーター(double bass)、トニー・ウィリアムス(drums)と組んだ第2期黄金クインテットによる第4作目のアルバム。

1967年に録音され、1968年にコロムビア・レコードから発売された。

マイルス・デイヴィスのキャリア中、アコースティック楽器のみで演奏された録音としては最後のもの。芸術的で印象主義的なポストバップ/モーダル・ジャズの傑作。

タイトル曲「Nefertiti」は、フロントラインとリズムセクションの伝統的な役割を逆転させて、ホーンセクションがソロなしでメロディーを何度も繰り返し、リズムセクションがその下で即興演奏をする実験的な録音。

リマスター版CDは別テイク4曲を追加収録。

Miles Davis/Nefertiti (1968)
Miles Davis/Nefertiti (1968)
Miles Davis – Nefertiti